トップイメージ
私、お酒がすごく好きなんですね。 もっぱらビールばかりなんですが、ビールばかりだとピッチが早くなるんですよね。 ビールは冷たいうちに飲むのが好きなので、おしゃべりしてるとぬるくなっちゃうかなーって。 で、ついついサクサク飲んでしまう。 そうすると、やっぱりたまに潰れちゃうんです。 それが嫌で最近はビールを飲んだらウィスキーに変えてちびちび飲んだりしてました。 ある居酒屋さんで、私はいつものように生中を4杯位飲んだ後に、 ウィスキーのロックを頼みました。 ロックなら原液を少しずつ氷で薄めて飲むから、 一気に減らないし、お酒の味も堪能できるので、いつもウィスキーを頼む時はロックにしてました。 2時間位たって、もう結構酔ってたんですが何杯目かのウィスキーを頼みました。 運ばれてきたものを見てびっくりしました。 普通ウィスキーのロックはロックグラスという、口が広くて、背の低い寸胴気味のグラスに氷を沢山入れてウィスキーはグラスの半分から3分の1位ですよね。 この店でもさっきまではきちんとそれで出てきてました。 なのに、これは… ふつーーーの瓶ビールなんかについてくるグラスに氷が2.3個。 ウィスキーは八分目あたりまでつがれている。 もうね、直感しましたよ。 これは店が私を潰しにかかってきたな、と。 売られたケンカはもちろん買いますんで、私はまるで見た目ウーロン茶みたいなその飲み物をどんどん飲みました。 はい、すぐに結果はでました。 2分でKOです。 同伴者の「ちょっと!このウィスキーの分量おかしいんじゃないの?」 という野次を聞きながら、私の記憶は途切れていきました。 どんどん飲んだかのように思いますが、同伴者によると3口目で私の負けが決まったようです。 しかし、一体なぜ、お店に勝負を挑まれたのか? 道場破りにでも見えたのか? 真相は闇の中です。(多分新人さんが作ったとかその辺のオチなんだろうな…)

リンク

Copyright © 1998 www.shshiyanxiang.info All Rights Reserved.