トップイメージ
今までは「投資=損をする」というイメージがあり、そこまで資産があるわけでもないので、積極的に自分からチャレンジしようという気は全くありませんでした。が、先頃ネットバンクに口座を作ったことから、積立の預金はないのかと調べてみたところ、いわゆる預金はなく、あるのはネット証券と連動した「積立投信」だけ、ということがわかり、それでも何もしないよりはいいかな、といわば消極的な理由で投資信託をはじめることとなりました。 実をいえば投資信託がどういうものなのかも知らず、投信をはじめるにあたって、勉強も一緒に開始しました。それによってだいぶ投資への偏見が薄まったと思います。リスク面は確かに知っておくべきことですが、それは実は預金も一緒。リスクの高低でいえば、預金<投資信託となる、というだけ、と今では認識を新たにしています。 積立は最低限の金額で行なっていて、投資銘柄も指標と連動した成果を目指すインデックスファンドをセレクトしているので、現在のところ低リスク低リターン。もう少し余裕がでてきたら、ハイリターン銘柄も組み込んでみたいなと思っています。

リンク

Copyright © 1998 www.shshiyanxiang.info All Rights Reserved.